お知らせ

「龍踊り」を勉強してきました!

龍踊り(じゃおどり)って知っていますか?

簡単に言うと、中国から伝来した長崎の郷土芸能なのですが(簡単すぎ?笑)、この小値賀町でも私が住む新町地区が2年に1度、10月のお祭りで奉納踊りしていました。

約50年の歴史があったものの、人口減少に伴う若手不足で、数年前から奉納することをやめてしまっていました。
このことは、子どもの頃から龍踊りに慣れ親しんでいた私にとっても、とてもショッキングなことでした。
代々伝わるものを簡単に終わらせるわけにはいかないと、どうにかしなきゃと思っていたところ、小値賀町より新町の龍踊りを復活させたいとのお話があり、4年前から新町の枠にくくらず若手有志を町全体から募ることによって、ふたたび小値賀町で龍踊りが奉納されるようになったのです。

(実際に小値賀町で龍踊りを奉納している様子は10月にご報告するとして。。笑)

今回は、小値賀町での龍踊りをよりよい形で次の世代のためにも続けていけられるようにということで、運営方法や龍の補修方法などを勉強しにちょっと出張してきたというご報告です♪笑

勉強させていただいた場所は、小値賀と同じように50年以上の歴史がある、松浦市の「御厨(みくりや)蛇踊り保存会」様です!
運営方法や組織についてじっくりとお話を伺ったあとに、御厨町で使用している龍や道具たちをみせてもらいました。

IMG_0898
IMG_0923 龍はなんと!長崎市在住の職人さんが一つひとつ手作業でつくっています!
小値賀の龍も新町の方が作っているんです!

IMG_0909 御厨蛇踊り保存会さまが使用している楽器など。
太鼓も銅鑼も大きく圧倒されました!

今回ご案内してくださった、武部さまと竹本さまには感謝の気持ちでいっぱいです!
規模の違いはあるものの、目からウロコな情報や、すぐに取り入れることができそうなことまでご丁寧に教えてくださいました。
今後も交流していくことをお約束いただけたので、次回は練習方法など、より実践的な現場を勉強させていただこうと密かに目論んでいます。笑
龍踊りがこれからも小値賀で文化として定着し発展していけるように。。仕事とは関係のないことですが、身を入れて頑張っていきたいことのひとつです。

御厨町の蛇踊りや、もちろん小値賀の龍踊りをみなさまに見ていただきたいです!!
御厨町の蛇踊り、、かっこよかったな〜♡笑
武部さま、竹本さま、本当にありがとうございました!!!

以下、蛇踊りならぬ、蛇足です♡ぷぷぷ笑

IMG_0927 龍などを保管している場所のすぐ目の前に広がる海!
平戸がみえました!!

IMG_0928 移動しているときに、御厨町の話になりました!
御厨町は、その名のとおり、昔から食べ物に困らない町だったようです!
御厨町のいいところは何ですか?と聞くと、
「食べ物がなんでも美味しいよ〜!!」と教えてくださいました♪

IMG_0929 ということで、紹介してもらった「古賀まんじゅう」をおやつにいただきました!
なんと出来立てで、皮もモチモチ餡もほどよい甘さで、みんなでほっぺをまん丸にさせて食べました。笑

IMG_0936 御厨町での視察が無事に終わり、平戸が近いということでお昼ご飯を食べるためにちょっと寄ってみました!
平戸城、みえますか?

IMG_0938 平戸大橋!
平戸は島なんだけど、この赤い橋で陸とつながってます!

そして小値賀と同じ文化圏!
(小値賀は平戸藩でした。平戸のお殿様は小値賀から出てるとの逸話も。)
今回はちょっとしか寄れなかったけど、必ずじっくりと行きたい場所なので機会をみつけて再訪したいです♪

IMG_0943 佐世保の港より。
(最近、佐世保港には豪華客船やでかい帆船がよく停泊しています!)

以上、龍踊り勉強会のレポートでした♪
新町で代々受け継がれてきたことを基礎に据えながら、御厨町で学ばせていただいたことを生かして少しずつでも進歩していきたいと思います。