お知らせ

散歩*野焼きのある風景

IMG_1066 筒井浦、藤松レストラン前。


この日、予期せず浜津から家のある笛吹まで歩くことになり、のらりくらりと行きたい道をとおって帰りました。


IMG_1073

IMG_1074 たまに差し込む光が気持ちよかったです。


IMG_1076

IMG_1084

IMG_1089 そして、野焼きしている場面に多く遭遇しました。
野焼きとは、「草の芽がよく出るように、早春、野の枯れ草を焼くこと」らしいです。

2月7日のまさに早春、申し合わせたかのように小値賀の野畑からは煙がモクモク立ち上っていました!
春の訪れを知らせる狼煙みたいですね♪


IMG_1092 春の知らせはもう一つ。
見頃を迎えた梅の木には、メジロの姿もみれました!
(まんなかにいるのわかりますか?)

梅といえばウグイスのイメージですが、ウグイスは警戒心が強くなかなか人の目につくところには現れないらしいのです。
それを、日本人は遠くから聞こえてくる「ホーホケキョ」という鳴き声で勘違いしたようで、梅といえばメジロではなく、ウグイスとなってしまったとのこと。

晴れた日には、空の青と梅花の薄紅色、そしてメジロの黄緑色と色の対比がとても美しいです!


IMG_1094
この道も好きです。
左側にみえる石垣には、つなぎめに鯨油が使われています!
現代のコンクリートで補強する方法より趣きがあっていいですよね〜

以上、予期せぬ散歩のおかげで出会えた小値賀の風景でした♪